プロテインにも含まれているグルタミンはアミノ酸の一種です。
グルタミンは単体サプリの商品としても売られていて、プロテインのように摂取できます。
筋トレをしている人にとって、グルタミンは重要な栄養でもあります。
より効果を高めるグルタミンの摂取タイミングはいつでしょうか。
グルタミンを効率よく摂って、筋トレの目標を早めに達成しましょう。

グルタミンの性質を知ろう

グルタミンは人間にとって、非必須アミノ酸または準必須アミノ酸としてカテゴライズされています。
体内で生成できるアミノ酸なのですが、筋肉への大きな負担や病気、ストレスによって不足になりがちな物質です。
よって、筋トレは筋肉の分解合成を繰り返す行為なので、筋トレをする人にとって、グルタミンは一般の人より必要なアミノ酸なのです。
筋トレをしている人は、プロテインだけでなくグルタミンも追加して飲む人が多いですよね。

スポンサーリンク

グルタミンは、腸内の細胞を強化してくれるので、さまざまな効果が期待できます。
腸内が強化されると腸内環境がよくなり消化吸収の効率がアップして、下痢が起きにくくなり免疫力もアップします。
免疫力がアップすると、風邪や免疫不全の病気の予防になり、寒い時期にもインフルエンザにかかりにくくなります。
ボディビルダーのなかには、プロテインにグルタミンを追加して好んで飲む人が多いのは、そんな理由があるからです。

病院でも患者にグルタミンを処方する例があります。
お腹を手術した後、回復を早めるために高カロリー摂取したいところを、グルタミンを処方するとその患者の退院も早まる傾向にあります。
免疫不全の大病や大けがした人にも、グルタミンを処方して免疫力がアップして、回復が早める例がたくさんあります。

筋トレしない人にもじゅうぶん効果があるグルタミンは、筋トレしている人には重要なアミノ酸サプリだといえるでしょう。

しかし、グルタミンを大量に摂取したからといって、効果が比例するとはかぎりません。
もともとグルタミンは体内で生成できるアミノ酸なので、筋肉に大きな負担がかからない限り、グルタミンを摂取するとすぐ体内に満たすことができます。
それに、グルタミンは腸内の細胞のエネルギーとしてほとんど使われるので、摂取した分のグルタミンは筋肉まで届くことはほとんどないのです。
筋肉に入るグルタミンは、摂取するより体内で生成されることが多いのです。

グルタミンの副作用は特にないのですが、摂りすぎたり筋トレ前に飲むと筋トレ中に汗臭くなる場合があります。
グルタミンが枯渇するタイミングは、ほとんどが筋トレ後なので、おのずと効率よい摂取タイミングが見えてくるでしょう。

グルタミンのおすすめ摂取タイミングとは

筋トレしている人にとっておすすめの摂取タイミングは、筋トレ後を推奨する人が多いですね。
筆者もグルタミンをさまざまなタイミングで摂取してみましたが、筋トレ後が一番無難だと実感しています。
筋トレ前にプロテインと一緒に飲むと、満腹感があり筋トレに集中できない可能性もあります。
よって、筋トレ後にグルタミンを摂取するのが一番おすすめです。

グルタミンはその性質上、1日1回大量に摂るよりこまめに摂るのが効率よいです。
大量にグルタミンを摂取したい場合は、1回につき5gずつ摂るのがちょうどよいでしょう。

大柄の男性やボディビルダーはプロテインと一緒に1日に20g摂る人が多いので、1日4回、1回につき5g摂るのが良いでしょう。
女性で筋トレをしている場合は、1日1回5gを摂取しましょう。

筋トレ後に摂るのが難しければ、朝起きた後にグルタミンを摂りましょう。
睡眠中に体内のアミノ酸は枯渇しやすいので、朝起きた後にグルタミンを摂ると、血中アミノ酸濃度を保って筋肉に優しい状態になります。
朝にスムージーを摂る習慣がある人は、ミキサーにグルタミンを追加するのもよいでしょう。
さらにプロテインも追加すると、筋肉の維持や増加を期待できます。

朝も摂るのが難しければ、夜寝る前に摂るのも良いでしょう。
プロテインを飲むタイミングがなかなかない人は、夜寝る前にプロテインを飲む傾向にあるので、その時にプロテインにグルタミンを追加して飲むと、摂取タイミングを逃さないですよね。

長続きするグルタミンの摂取方法

グルタミンは、プレワークアウトサプリのような筋トレ中に集中して効果を発揮するタイプのアミノ酸ではなく、筋トレ以外の時間でも効果を持続するタイプのアミノ酸です。
よって筋トレ後に摂取すればそれで良い、というわけではなく、クレアチンのように常に体内にグルタミンを満たすと、さらに効率よく筋トレで目標達成できるわけです。
筋トレしない日も、5g以上はグルタミンを摂るようにしましょう。
筋トレしない日は朝起きた後にグルタミンを摂ると、グルタミンを摂る習慣が長続きします。

仮に風邪ひいてしまった時期は、筋トレを休みことになるので、治るまでグルタミンを飲みましょう。
発熱時に何日間寝てしまっても、グルタミンは筋分解を防いでくれます。
筋肉の量が維持されると、筋トレを復帰した時、ブランクを感じにくいので、筋トレへのモチベーションが維持できるでしょう。

30代筋トレ女子の筆者の体験談

グルタミンの味じたいはクセがないので、プロテインに混ぜて飲むパターンがほとんどでした。
筋トレ後に飲んでいましたが、プロテインを1日2回飲む時期は、朝にもプロテインと混ぜて一緒にグルタミンを摂っていました。
グルタミンを飲みすぎると汗臭くなりやすいのは前から知っていたので、5gの量を守って飲んでいて筋トレ中に汗臭くなることはなかったです。

風邪をひいた時は、BCAAとグルタミンを毎日飲んでいたので、風邪がなおった後は筋トレにスムーズに復帰できました。

グルタミンの単体サプリを常備していますが、プロテインほど量を消費しないので長持ちします。
どの会社でもグルタミンの中身はほぼ同じなので、安くてお得な商品を選んでました。

風邪薬を飲むのはあまり好きではないので、グルタミンは欠かせないサプリでした。